2016年8月29日月曜日

草原のようなリビングスタイル



   まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

   今回は、リーン・ロゼの人気のソファ 「プラド」 をご紹介します。

   草原を意味するスペイン語「PRADO」はマドリードの美術館の名前でもあり、

  美術館に展示できるほど美しいデザインであり、草原のように自由にくつろぐことが

  ソファということで、この名前がつけられました。




   2人掛ソファはシートの広さが、幅200cm*奥行100cmと、ゆったりサイズです。

   (3人掛ソファは幅240cm*奥行120cm、1人掛ソファは幅100cm*奥行100cm)

   背クッションは独立しているので、シートの好きな位置、角度の置けて、座るスタイルは

  自由に調整できます。




   肘置きクッションや腰当てのクッションを置くなど、色々組み合わせができますよ☆




   シートと背クッションの布地の色を替えても、おしゃれですね!

   また、この背クッションは、床の上でも使えるので、カーペットの上でゆっくりしたい

  時にも活躍します。




   少し内側に脚を取り付けているので、まるで宙に浮いたように魅せているデザインです。

   


   リビングで自由にくつろぐソファに座ってみませんか。




   是非、近江大橋店の2階フロアにお越しくださいませ☆

   心よりご来店お待ちいたしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿